忍者ブログ

人間の衣装

花が終わった後に伸


白い彼岸花を見に行きたいと思っていたのだけど、このまま時期を逃してしまいそうだ。赤い彼岸花はどこかで見かけた。あの赤は少し怖い瑪姬美容

彼岸花が、誰かが地面に差したかのように、そこに突然現れたように見えることがあるのは(わたしだけかもしれないけれど)、他の花と違って、長い茎に葉が一枚もないせいかもしれない。

葉は、花が終わった後に伸びてくる瑪姬美容

同じ時に存在することが叶わないながらも、「花は葉を想い、葉は花を想う」それで韓国では、「相思華(サンチョ)」と呼ばれるそうだ。(ということは前に調べてここにも書いた)

「曼珠沙華」という名で呼べば、「天井から赤い花が降ってくるがごとく、良いことが起こる前兆」というような別の意味もある。
調べてみると他にも驚くほどたくさんの別名があるのだが、日本名には不吉なものが多い。

あの赤い花を「わあ、きれい!」と愛でるのが躊躇われ、なんとなく見て見ぬ振りをしてしまいたくなるのは、「彼岸花」という名前から来る暗い印象のせいだろうか瑪姬美容
最初から、これは「相思花」という花なのだと教わっていたら、たぶん私は彼岸花と呼ばれているあの花を、もっと好きになっていたんだろう。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R